事業内容

ホテル事業

ちょっとした気遣いによるリピート客の獲得

コスコインのホテル事業  ビジネスホテルは、とかく価格競争の中にあり、如何にローコストでグッドプライスを提供するかに主眼が置かれている。しかし、このことはホテル本来の機能である「休む処」という面をなおざりにしている面があるという状況が生まれている。
 一方、高級ホテルといわれる施設においては、「休み処」という観点からは、十分なサービスが提供されている。しかし、サービスが十分すぎるため、受け手のお客様側が身構えた気分となってしまう状況も多々あると思われる。
 このビジネスプランにおいては、ホテルの本来的なサービスである「休み処」という面を深掘りし、身構えることなく、普段着で受けられるサービスとしての「休み処」、建物に入って気持ちがホッとする施設としてのビジネスホテルを提供することをも目標としている。
 また、ビジネスホテル業界は、構造不況業種といわれるが、このビジネスプランは、これまでの経験からビジネスホテルのオペレーションそのものに優位性があるとの実績を上げている。
 事業承継に困っている施設オーナーは多く、さらに、稼働率の低下、建設資金の借入負担に苦しむオーナーも多い。このような、社会的に活用されていない資産となっている稼働率の低い施設のオペレーションを改善し、社会資源の有効活用に貢献することを目指したい。
 そして、このことから、右肩下がりの社会であってビジネスの再発見により成長が可能であることを実証し、社会に明るさをもたらしたい。

開業

稼働率が50%以下の施設に関し、居抜きで賃借しオペレーションを行う。
地方中核都市、地方都市の中で、ビジネスホテルが競合範囲に5軒以上あるエリアを基本とする。

施設

いわゆる継承出店であり、現在のオーナーよりブランドを継続したまま借り上げる。
規模は50室から100室を中心とする。
居抜き賃借により施設自体を調達することから、初期投資が抑えられ、さらにオーナー様に対し継続して賃料をお支払い出来る様、運営を心掛け喜んで頂いております。